Shachihata Cloud ヘルプサイト はじめての方グループウェア機能を利用する
スケジューラ制限設定
更新日 / 2023.02.01
更新日 / 2023.02.01

スケジューラ制限設定機能でできること

[スケジューラ]でスケジュールを登録する際、
参加者のスケジュール重複を許可するか否かを設定します。
なお、設備のスケジュール重複は制限設定できず、後から登録したスケジュールが自動で
エラーとなります。 また、利用者のスケジュールに予定が存在する場合の代理承認対象を設定します。

操作手順

1制限設定

1.メニューバーより[スケジューラ設定]をクリックします。

2.「スケジューラ制限設定」から各項目を選択し、[更新]ボタンをクリックします。

【選択項目】
■スケジュールの重複予約
「可能」:参加者のスケジュール重複が許可されます。
スケジュールの時間が重複している参加者名の横に!マークが表示されます。


「不可」:同じ時間に後から登録する参加者のスケジュールがエラーとなり、登録できなくなります。


■代理承認設定

「スケジュールごと」:利用者がスケジュールごとに代理承認の設定を行えます。

「すべてのスケジュール」:利用者が登録したスケジュール全てが代理承認の対象として設定されます。


【関連リンク】
・スケジューラ機能の利用方法はこちらからご確認ください。

トップへ戻る