Shachihata Cloud
電子決裁
[利用者向けサポートページ]
box捺印オプション
更新日 / 2022.04.22

box捺印とは、BoxにあるドキュメントをShachihata Cloudに登録されている印鑑で捺印できるサービスです。

1基本操作マニュアル

①アプリケーションを追加する(※初回のみ)
②box捺印にログイン
③捺印から送信までの流れ(送信者)
④受信から捺印までの流れ(受信者)
⑤box捺印からログアウト

※ご利用には、Box上でbox捺印のアプリケーション追加が必要です。


2[iPad]基本操作マニュアル

box捺印 iPadアプリでは、Shachihata Cloudに登録されている印鑑で捺印、手書き(ApplePencil対応)を利用できます。

①iPadアプリをインストールする(※初回のみ)
②iPadアプリにログイン
③捺印・手書き
④保存・共有
⑤iPadアプリからログアウト

※Shachihata Cloudに登録されている印面情報は、iPadアプリにも反映されます。


1基本操作マニュアル

①アプリケーションを追加する(※初回のみ)

1.Boxのログイン画面を表示し、「メールアドレス」を入力後【次へボタン】をクリックします。

2.Boxに登録している「パスワード」を入力し、【ログインボタン】をクリックします。

3.box捺印のアプリケーションを追加します。
下記のURLよりアプリダウンロードページに遷移し、【追加ボタン】をクリックします。
https://shachihata.app.box.com/services/browse/search/4rLoepeTJ6 (外部ページに遷移します)


Shachihata Cloudの利用者パスワードの設定

1.Shachihata Cloudから受信した「[Shachihata Cloud] 初期パスワードのお知らせ」メールを開き、【ログイン画面に移動】をクリックします。

2.「メールアドレス」「仮パスワード」を入力し、【ログインボタン】をクリックします。

※「ユーザー名」には登録されているメールアドレスを入力してください。
※「ログイン状態を保存する」のチェックボックスにチェックを入れると、次回よりログイン操作を省略することができます。

※CorporateとStandard両環境にアカウントがある場合、どちらの環境でログインするか選択できます。

※【追加ボタン】が表示されないもしくは、アプリケーション追加の画面自体が表示されない場合

1.Boxの管理者アカウントで[管理コンソール]を開きます。

2.メニューバーの[アプリ]をクリックします。

3.[アプリケーションの個別管理] で「shachihata cloud」で検索します。
(フィルタがある場合はフィルタをクリアしてください)

4.検索結果にShachihata Cloudが表示されたら[ステータス]の項目を[使用可能],[デフォルトで追加]に変更します。
※デフォルトで追加を選択した場合、各ユーザアカウントにアプリケーションがプリインストールされます。

※[次のユーザにのみタグの作成を許可する]にチェックを入れている場合
その下で設定している権限を持つユーザ以外にはwith boxのアイコンは表示されません。

①[管理コンソール]をクリックします。

This image has an empty alt attribute; its file name is スクリーンショット-2022-03-24-12.44.17.png


②[enterprise設定] – [コンテンツと共有] をクリックします。


③[コンテンツの作成]の[タグ作成の制限]の項目で

[次のユーザにのみタグの作成を許可する]のチェックボックスにチェックを入れ、表示項目より選択します。
その下で設定している権限を持つユーザ以外にはwith boxのアイコンは表示されないです。

[表示項目]
■フォルダ所有者/共同所有者、管理者/共同管理者
■管理者/共同管理者

②box捺印にログイン

1.Boxにログイン後、PDFファイルの[その他のオプション]をクリックし、[統合]-[Shachihata Cloud]をクリックします。

2.Shachihata Cloudに登録している「メールアドレス」「パスワード」を入力し、【ログインボタン】をクリックします。

※統合メニューに[shachihata cloud(Send with Shachihata Cloud)]が表示されない場合

下記内容をご確認ください。
・統合にshachihata cloudが表示されるのはPDF(.pdf), Excel(.xlsx), Word(.docx)のみになります。
・文書への編集、更新を実施するため文書に対し[編集者]の権限が必要になります。

【権限の確認方法】
1. 利用したい対象のファイルがあるBox上のフォルダを開きます。

2. 画面右の[共有]タブにユーザ名とその下に権限が記載されています。
※権限がフォルダ内のユーザの権限となります。
 [編集者]以上となっているかご確認ください。

③捺印から送信までの流れ(送信者)

【Ⅰ】捺印

1.画面右上の「ホーム」をクリックし、プレビュー・捺印画面を表示させます。

2.画面右側の「ご利用可能な印鑑」より捺印する印鑑を選択し、文書上の捺印したい位置でクリックします。

3.半透明の印影をクリックして、捺印を確定します。
※【元に戻すボタン】をクリックすると、直前の操作に戻ります。


【Ⅱ】テキスト追加

1.画面右側の「テキスト追加」をクリックします。

2. テキストを追加したい位置をクリックして文字を入力します。
確定するには、入力枠以外の箇所をもう一度クリックします。

※設定アイコンをクリックすると、文字の書体、サイズを設定できます。


【Ⅲ】宛先設定

文書を通知する宛先の設定、ファイルの件名やコメントの設定をします。
※ファイル送信者と同じBox環境へのアクセス権限が無い場合、ファイルを確認することができません。

宛先の設定には、あらかじめ通知されるルートを作成しておく「通知ルート」と、メールアドレスをその都度指定し「宛先」に設定する方法がございます。

①通知ルート

1.画面右上の「通知」をクリックし、「宛先」「件名・コメント」の画面を表示させます。

2.【通知ルートの作成ボタン】をクリックします。

3.通知ルートを登録します。

「通知ルートタイトル」と、メールを通知させたい順番に「通知ルート宛先」を入力し、【追加ボタン】をクリックします。

※入力必須項目です。

※2番目以降も同じ手順で設定していきます。

4.宛先の設定が完了したら、【登録ボタン】をクリックすると「通知ルート」が登録されます。

5.登録した「通知ルート」にチェックを入れ、【宛先へ反映ボタン】をクリックすると、「宛先」へ反映されます。

※通知ルートが次の承認者にも共有され、宛先に反映することで次の承認者を設定できます。


②宛先

1.画面右上の「通知」をクリックし、「宛先」「件名・コメント」の画面を表示させます。

2.「宛先の名前」「宛先のメールアドレス」を入力し【追加ボタン】をクリックします。
※入力必須項目です。

※通知メールは、追加した宛先に一斉送信されます。


【Ⅳ】件名・コメント設定

1.件名とコメントを入力します。
※入力必須項目です。


【Ⅴ】送信

1.宛先設定、件名・コメント設定が完了後、画面右上の【送信ボタン】をクリックします。
※ファイル送信者と同じBox環境へのアクセス権限が無い場合、ファイルを確認することができません。

2.【送信ボタン】クリック後に表示される画面の「Boxへのアクセスを許可」をクリックします。
※「Boxへのアクセスを拒否」をクリックすると、送信されません。

※通知メールは宛先のユーザーに一斉送信されます。

④受信から捺印までの流れ(受信者)

受信したファイルに捺印をする場合、事前にbox捺印のアプリケーションを追加する必要があります。

【Ⅰ】ファイルを確認する

1.ファイルを受信すると下記メールが届くのでリンクURLをクリックし、ファイルの確認を行います。
※ファイル送信者と同じBox環境へのアクセス権限が無い場合、ファイルを確認することができません。

2.PDFファイルのプレビュー画面が表示されます。プレビュー画面右側のメニューのマーク[Shachihata Cloud]をクリックします。

3.Shachihata Cloudに登録している「メールアドレス」「パスワード」を入力し、【ログインボタン】をクリックします。


【Ⅱ】捺印

1.画面右上の「ホーム」をクリックし、プレビュー・捺印画面を表示させます。

2.画面右側の「ご利用可能な印鑑」より捺印する印鑑を選択し、文書上の捺印したい位置でクリックします。

3.半透明の印影をクリックして、捺印を確定します。
※【元に戻すボタン】をクリックすると、直前の操作に戻ります。


【Ⅲ】テキスト追加

1.画面右側の「テキスト追加」をクリックします。

2. テキストを追加したい位置をクリックして文字を入力します。
確定するには、入力枠以外の箇所をもう一度クリックします。

※設定アイコンをクリックすると、文字の書体、サイズを設定できます。


※捺印したファイルを他ユーザーに送信する場合

【Ⅳ】宛先設定

文書を通知する宛先の設定、ファイルの件名やコメントの設定をします。
※ファイル送信者と同じBox環境へのアクセス権限が無い場合、ファイルを確認することができません。

1.画面右上の「通知」をクリックし、「宛先」「件名・コメント」の画面を表示させます。

2.「宛先の名前」「宛先のメールアドレス」を入力し【追加ボタン】をクリックします。
※入力必須項目です。

※通知メールは、追加した宛先に一斉送信されます。


【Ⅳ】件名・コメント設定

1.件名とコメントを入力します。
※入力必須項目です。


【Ⅴ】送信

1.宛先設定、件名・コメント設定が完了後、画面右上の【送信ボタン】をクリックします。
※ファイル送信者と同じBox環境へのアクセス権限が無い場合、ファイルを確認することができません。

2.【送信ボタン】クリック後に表示される画面の「Boxへのアクセスを許可」をクリックします。
※「Boxへのアクセスを拒否」をクリックすると、送信されません。

※通知メールは宛先のユーザーに一斉送信されます。


※捺印したファイルを保存して終了する場合

【Ⅵ】保存

1.画面右上の「保存」をクリックします。

[表示項目]
■保存する
Box内のPDFファイルに上書き保存されます。
■保存して終了する
Box内のPDFファイルに上書き保存され、box捺印の画面が閉じます。

※box捺印より保存すると、捺印・テキスト追加をした内容がファイルに反映され、Box内のPDFファイル名横のバージョンが更新されます。

⑤box捺印からログアウト

1.右上の名前が表示されている部分をクリックし、「ログアウト」をクリックします。

2.統合したPDFファイルが保存されているBoxの画面に戻ります。


2[iPad]基本操作マニュアル

①iPadアプリをインストールする(※初回のみ)

box捺印をiPadで使用するには、アプリのインストールが必要です。

下記のURLよりApp Storeページに遷移し、box捺印の【インストールボタン】をタップします。

https://apps.apple.com/jp/app/shachihata-cloud-with-box/id1531034352 
(外部ページに遷移します)

②iPadアプリにログイン

1.アプリ(box捺印)のアイコンをタップします。

2.Shachihata Cloudに登録している「メールアドレス」「パスワード」を入力し、【ログインボタン】をタップします。

3.ファイル選択画面が表示されると、ログイン完了です。


[表示項目]
■Boxから開く
Boxにログインし、Boxへのアクセスを許可し、Boxにアップロードしたドキュメントを開きます。


■新規作成
ファイルの罫線を「白紙」「横罫線」「方眼罫」より選択できます。


■カメラで撮影
iPad端末のカメラを起動し、写真を撮影します。

■写真を開く
iPad端末のアルバムを開きます。

③捺印・手書き

捺印、手書きメモの追加、ファイルの拡大縮小や回転、ページの追加ができます。

[画面上の表示項目]
①移動(手のマーク)
iPad端末の画面をタップ/ドラッグ/ピンチイン/ピンチアウト/スワイプし、ファイルの拡大縮小や回転、移動ができます。
②ペン
ファイルに直接手書きができます。Apple Pencilを使用して操作可能です。
③消しゴム
ファイルに追記した手書きメモを削除します。
④元に戻す(左向きの矢印マーク)
直前の操作に戻します。
⑤やり直し(右向きの矢印マーク)
直前の操作をやり直します。
⑥幅に合わせる
iPad端末の画面の幅に合わせてファイルを表示します。
⑦高さに合わせる
iPad端末の画面の高さに合わせてファイルを表示します。
⑧ご利用可能な印鑑
Shachihata Cloud(Corporate)に登録されている印面情報を表示します。
⑨保存・共有
ファイルの保存、他アプリで共有できます。


[画面下の表示項目]
⑩ファイルの追加(ページ数横の+マーク)
白紙のファイルを追加します。罫線は「白紙」「横罫線」「方眼罫」より選択できます。
⑪拡大縮小(+ーマーク)
スライダーを左右に移動し、ファイルを拡大縮小します。
※画面上の①【移動マーク】を選択すると、ピンチイン/ピンチアウトで拡大縮小できます。
⑫左へ90度回転
ファイルを左へ90度回転します。
※画面上の①【移動マーク】を選択すると、スワイプで回転できます。
⑬右へ90度回転
ファイルを右へ90度回転します。
※画面上の①【移動マーク】を選択すると、スワイプで回転できます。


【Ⅰ】捺印

1.ファイルを開いた後、画面右上の印影をタップします。

2.捺印する印鑑を選択し、タップします。

3.ファイル上の捺印したい位置をタップします。

4.半透明の印影をタップして、捺印を確定します。


【Ⅱ】手書きメモ

※Apple Pencilを使用して操作できます。

1.画面左上のペンをタップします。

2.色、太さ、透明度を選択します。


(設定例1)色を赤、線を太くした場合


(設定例2)色を青、線を細くした場合

④保存・共有 

画面右上の【保存・共有ボタン】をタップします。


【Ⅰ】保存

①「Boxから開く」よりファイルを編集した場合
Box内のPDFファイルに上書き保存します。

②「新規作成」「カメラで撮影」「写真を開く」よりファイルを編集した場合
iPad端末のストレージ、もしくはインストールされているストレージアプリに保存します。
※Boxのアプリがインストールされており、ログイン状態にあればBoxに名前を付けて保存できます。


【Ⅱ】他のアプリで共有

個人のiPad端末にインストールされている共有アプリ(GmailやSlackなど)でファイルを共有できます。
※共有可能なアプリの制限はございません。

⑤iPadアプリからログアウト

1.右上の【設定ボタン】(ネジのマーク)をタップします。

2.「ログアウト」をタップします。

3.「はい」をタップし、ログアウトします。