Shachihata Cloud ヘルプサイト オプションについて経費申請
出張費申請
更新日 / 2022.12.01
更新日 / 2022.12.01

出張費申請でできること

出張費用の事前申請・精算が行えます。

操作手順

1事前申請


申請作業

1.メニューバーより、[経費申請]をクリックします。


2.「出張費申請」から[事前申請]ボタンをクリックします。


3.「経費精算書作成」画面にて、出張事前申請の各項目設定をします。

【設定項目】
■目的
経費申請を行う目的(管理者で設定した項目から選択)を選択します。
■期間
経費が発生した日付を選択します。
■日当
出張にて発生する手当を選択します。
■支払方法
決済に用いた支払方法を選択します。
■負担部門
費用を負担される部署を選択します。
■予算コード
使用する予算のコードを選択します。
■プロジェクト
プロジェクト単位で費用負担する場合選択します。


4.「経費精算書作成」画面の[追加]ボタンをクリックします。


5.「出張申請書明細入力」画面にて各項目を入力し、[追加]ボタンをクリックします。

【設定項目】
■日付
金額が発生した日付を選択します。
■用途区分
明細を利用したときの用途を選択します。
(勘定科目・補助科目・税区分は用途設定に紐づいており、用途区分を変更させることで選択できる項目が変わります。)
■利用期間
(出発・到着)移動を行った場合の出発地と到着地を記入します。
■金額
発生した金額を記入します。
■キロ
自家用車などの移動の場合、移動した距離に応じて金額が発生するため、移動距離を記入します。。
■片道・往復
片道・往復の何れかを選択します(往復の場合、入力金の二倍の金額が小計に入ります。)
■小計
合計金額が自動で入ります。
■勘定科目
用途ごとに設定された科目を選択します。
■補助科目
用途ごとに設定された科目を選択します。


6.「出張申請書明細入力」の設定内容を確認し、[回覧文書]ボタンをクリックします。


7.「新規作成」画面にて、先ほど入力した内容が反映された申請書類を確認し、[回覧設定]ボタンをクリックします。

(作成した経費申請書は[経費申請]画面の[申請一覧]に追加されます。)

※経費申請書の編集を行う場合、[経費申請編集]ボタンをクリックします。



8.「回覧宛先設定」画面にて、宛先設定後[件名・メッセージ]を入力し、[申請する]ボタンをクリックします。


承認作業

承認者・経理担当者は申請書を確認し、承認をします。


1.承認者のアカウントでログインし、[受信一覧]をクリックします。


2.「受信一覧」画面にて、経費申請書を選択し、[表示]ボタンをクリックします。


3.「プレビュー・捺印」画面にて、捺印を行い[次へ]ボタンをクリックします。

※[経費申請編集]をクリックすると申請者が入力した経費情報の確認・編集ができます。


4.「回覧宛先設定」画面にて、[承認]ボタンをクリックします。


2精算


申請作業

1.メニューバーより、[経費申請]をクリックします。


2.「出張費申請」から[精算]ボタンをクリックします。


3.「経費精算書作成」画面にて、出張精算の各項目設定をします。

【設定項目】
■目的
経費申請を行う目的(管理者で設定した項目から選択)を選択します。
■期間
経費が発生した日付を選択します。
■日当
出張にて発生する手当を選択します。
■支払方法
決済に用いた支払方法を選択します。
■負担部門
費用を負担される部署を選択します。
■予算コード
使用する予算のコードを選択します。
■プロジェクト
プロジェクト単位で費用負担する場合選択します。


4.「経費精算書作成」画面の[追加]ボタンをクリックします。


5.「出張申請書明細入力」画面にて各項目の入力をし、[追加]ボタンをクリックします。

【設定項目】
■日付
金額が発生した日付を選択します。
■用途区分
明細を利用したときの用途を選択します。
(勘定科目・補助科目・税区分は用途設定に紐づいており、用途区分を変更させることで選択できる項目が変わります。)
■利用期間
(出発・到着)移動を行った場合の出発地と到着地を記入します。
■金額
発生した金額を記入します。
■キロ
自家用車などの移動の場合、移動した距離に応じて金額が発生するため、移動距離を記入します。。
■片道・往復
片道・往復の何れかを選択します(往復の場合、入力金の二倍の金額が小計に入ります。)
■小計
合計金額が自動で入ります。
■勘定科目
用途ごとに設定された科目を選択します。
■補助科目
用途ごとに設定された科目を選択します。


6.「出張申請書明細入力」の設定内容を確認し、[回覧文書]ボタンをクリックします。


7.「新規作成」画面にて、先ほど入力した内容が反映された申請書類を確認し、[回覧設定]ボタンをクリックします。

(作成した経費申請書は[経費申請]画面の[申請一覧]に追加されます。)

※経費申請書の編集を行う場合、[経費申請編集]ボタンをクリックします。


8.「回覧宛先設定」画面にて、宛先設定後[件名・メッセージ]を入力し、[申請する]ボタンをクリックします。


承認作業

承認者・経理担当者は申請書を確認し、承認をします。

1.承認者のアカウントでログインし、[受信一覧]をクリックします。



2.「受信一覧」画面にて、経費申請書を選択し、[表示]ボタンをクリックします。


3.「プレビュー・捺印」画面にて、捺印を行い[次へ]ボタンをクリックします。

※[経費申請編集]をクリックすると申請者が入力した経費情報の確認・編集ができます。


4.「回覧宛先設定」画面にて、[承認]ボタンをクリックします。



トップへ戻る