Shachihata Cloud
電子決裁
[利用者向けサポートページ]
引戻し
更新日 / 2022.05.18

▼動画をみる

回覧中の文書を引戻しします。
申請した文書、承認した文書は回覧が完了するまで引戻しが行えます。また、社外に申請した文書の差戻し依頼が行えます。

操作手順

1申請した文書の引戻し

1.「送信一覧」を開き【引戻しボタン】をクリックし、「回覧の引戻し画面」を表示させます。
「送信一覧」での引戻しは、社内での回覧の場合のみ可能です。
承認者の中に含まれるゲストユーザーが2名以上の場合や、社外ユーザーへの回覧の場合は引き戻しができません。
※ゲストユーザーが1名のみの場合は引戻しが可能です。

ゲストユーザー:自社・他社問わず、”Shachihata Cloud”にアカウント登録のないユーザー
社外ユーザー:自社の”Shachihata Cloud”テナント以外で”Shachihata Cloud”アカウント登録のある社外のユーザー

2.【引戻しボタン】をクリックします。
※「送信一覧」より引戻した文書は「下書き一覧」に移動します。
また引戻しの際にコメントの入力も可能です。
※コメントは引き戻し通知のメールに記載されます。

※引き戻し通知メールは引き戻しを行ったユーザーと、その時点で文書があるユーザーにのみ届きます。

2承認した文書の引戻し

1.「受信一覧」を開き【引戻しボタン】をクリックし、「回覧の引戻し画面」を表示させます。

2.【引戻しボタン】をクリックします。
また引戻しの際にコメントの入力も可能です。
※コメントは引き戻し通知のメールに記載されます。

※引き戻し通知メールは引き戻しを行ったユーザーと、その時点で文書があるユーザーにのみ届きます。

※承認者が、すでに引戻しされた文書に承認依頼メールからアクセスを行うと、文章が存在しない旨がダイアログで表示されます。

3申請した文書の差戻し依頼(社外文書)

1.Shachihata Cloudにアカウント登録されている社外ユーザーに文書が回覧されている場合、「送信一覧」に【差戻し依頼ボタン】が表示されます。
※Shachihata Cloudにアカウント登録されていない社外ユーザー(ゲストユーザー)に回覧中の文書は、差戻し依頼ができません。

2.【差戻し依頼ボタン】をクリックすると、文書を回覧中の社外ユーザーは承認ができなくなり、差戻し承認を行います。
※社外ユーザーによる差戻し承認の操作について、下記の[関連情報]をご確認ください。

3.差戻し承認された文書は、「受信一覧」に移動します。
受信一覧より、回覧状況が「差戻し(未読)」の文書をクリックしてプレビューを表示させ、「表示」をクリックします。

4.「ダウンロード」「回覧破棄」「回覧設定」いずれかの操作をします。


①ダウンロード

ダウンロード先のストレージをクリックし、ファイルをダウンロードします。
※回覧履歴を付けない場合は「完了済みファイル」にチェックを入れます。
※ダウンロード先に指定できるストレージは管理者画面で設定できます。

※回覧履歴を付ける場合、「回覧履歴を付ける」にチェックを入れると「文書情報」「承認履歴情報」「テキスト追加履歴」が添付されます。
また電子署名が付与されている場合、ダウンロードの際に回覧時の署名が無効になります。
※電子署名を契約していないユーザーにもダイアログは表示されます。


②回覧破棄

回覧破棄をクリックすると、文書は「完了一覧」に移動します。

※回覧状況は「削除」となり、申請の再開はできません。


③回覧設定

1.「回覧先設定画面」に移動します。

2.【申請するボタン】をクリックすると、回覧申請されます。

4引戻し文書の削除

「下書き一覧」を開き【削除ボタン】をクリックし、「削除画面」を表示させます。
※「下書き一覧」には文書の状況が表示されませんので、引戻し文書は更新日時にてご確認ください。
※「2.承認した文書の引戻し」で引戻した文書を削除する場合は、申請者に差戻しを行い、削除を依頼してください。

2.【削除ボタン】をクリックします。


[関連情報]
※差戻し依頼の承認方法についてはこちらからご確認ください。