Shachihata Cloud
電子決裁

Shachihata Cloudの電子決裁サービスです。印面ライセンスをご購入いただくことで、社内回覧に必要な機能をご利用いただけます。スマートフォンアプリも標準で使用できますので、出先でも簡単に申請、回覧、承認が可能です。お客様の企業のご要望に合わせてカスタマイズ可能なように豊富なオプションをご用意しております。

よくある質問

  • 契約サイトにログインできる「契約者」とはどのような人でしょうか?

    Shachihata Cloud Businessパック Shachihata Cloud 電子決裁

    契約サイトでは、ご契約内容の確認や、ご注文、契約更新時の契約数の変更、また請求書を取得することができます。
    契約をお申込みいただいた方が「契約者(会員情報)」として登録されます。
    ※利用責任者とは別となります。


    契約サイトにログインいただける「契約者(会員情報)」は、マイページの「会員情報編集」で変更いただけます。
    変更後、新しい契約者様は、契約サイトログイン画面より「パスワードをお忘れですか?」からパスワード設定をお願いいたします。

  • 管理者画面「長期保存キャビネット」-「キャビネット設定」にて、文書の自動保存を有効にし、更新しました。 新たに文書の回覧から完了まで行い、キャビネット文書一覧を開きましたが一覧に表示されません。

    Shachihata Cloud Businessパック Shachihata Cloud 電子決裁

    自動長期保存は回覧完了時ではなく、1日1回深夜に自動保存されます。
    回覧完了した翌日に、「キャビネット文書一覧」を確認ください。

  • 長期保存のインデックスが急に表示されなくなってしまいました。

    Shachihata Cloud 電子決裁

    長期保存インデックスが表示されていない文書は、
    メニュー「長期保存キャビネット」内に対象の文書が存在するかご確認ください。


    長期保存キャビネット内に文書がある場合は、
    その文書名をクリックし、画面右の詳細内容表示エリア内の一番下にその文書に
    付随しているインデックス情報が表示されますのでこちらにインデックスの内容が表示されているかご確認ください。


    表示がない場合は、文書にインデックス自体が付与されておりません。
    元々文書にインデックスが付与されていなかったか、
    もしくはインデックス付与後に付与されたインデックスを削除した可能性があります。

  • お問い合わせフォームからのメールに返信が来ません。

    Shachihata Cloud 電子決裁

    通常、メールからのお問い合わせのご返信は2営業日以内を心がけております。


    数日経過致しましてもサポートからの返信がない場合は、ご入力いただいたメールアドレスの間違い、もしくはお客様のメールサーバーなどにより自動的に「迷惑メール」として格納または削除された可能性がございます。以上をご確認の上、お手数ですが再度お問い合わせくださいますようお願いいたします。


    なお、有料の「サポート掲示板」は機能・操作など、Shachihata Cloudに関するお問い合わせを
    いつでも掲示板から送信でき、専任のサポートからの回答や返信通知も掲示板上で確認できます。
    返信が早いと、大変ご好評いただいております。
    1,100円(税込) / 利用者 / 月1名〜お受けできますので、ご検討のほどよろしくお願いします。

  • スマホアプリでは、回覧承認時に添付ファイルを確認することはできないのでしょうか。

    Shachihata Cloud 電子決裁

    確認することは出来ません。

    追加ファイル・添付ファイルがあるかないかのダイアログが表示され、PC版にて確認頂くように案内しております。

  • 電子署名を使用しています。回覧完了文書をダウンロード後、Acrobatにてファイルの追加を行ったら押したはずの捺印が表示されていません。どうしてでしょうか。

    Shachihata Cloud 電子決裁

    既に署名された文書に対して印影を追加する行為は、改ざん扱いになり、付与されている署名が無効になります。

    そのため、印影を署名として扱うことで、上記の署名が無効になることを回避しています。  署名の仕様として、これ以降は文書の編集はできず、編集するためには署名を削除する必要があります。

    先述した通り、承認者の印影は署名として扱っているため、署名を消すと印影が消えます。


    署名は消えてしまいますが、以下の方法であれば印影が消えてない状態で文書の編集をすることが可能です。

    ①文書をAcrobatで開く

    ②ファイルタブを開いて印刷をクリックし、プリンターをMicrosoft Print to PDF にする

    ③印刷を押し、名前をつけて任意の場所に保存する

  • Adobeで捺印しようとすると「ユーザー名またはパスワードが違います」とエラーになります。

    Shachihata Cloud 電子決裁

    Adobe Acrbat DCでOffice捺印を使用時、
    Adobeの「起動時に保護モードを有効にする」設定が有効になっている場合、
    ログイン情報を入力すると「ユーザー名またはパスワードが違います」のエラーが表示されます。


    その場合、下記手順にて設定を変更していただくことで
    正常に捺印できるようになります。

    1.Adobe Acrbatを起動する
    2.[編集]-[環境設定]-[一般]を選択する
    3.「分類」欄より「セキュリティ(拡張)」を選択する
    4.「サンドボックスによる保護」欄にある「起動時に保護モードを有効にする」のチェックをはずす

  • 回覧文書から捺印が消えてしまうので、困っています。

    Shachihata Cloud 電子決裁

    複合機でスキャンして生成したPDFファイルなどは規格の違いにより捺印が表示されなくなる、などの問題が発生する場合があります。
    そのような現象が発生した場合、Microsoft Print To PDFで出力したPDFファイルであれば、正常に動作することを確認しています。


    お手数ですが、Microsoft Print To PDFについては下記手順にて実施してください。
    ■PDFファイルをMicrosoft Print To PDFで再PDF化する
    1.当該ファイルを開きます。
    2.「ファイル」より「印刷」メニューを開きます。
    3.プリンターで「Microsoft Print to PDF」を選択し、印刷を押下します。
    4.PDFファイルに名前をつけて保存します。

お知らせ・障害情報