Shachihata Cloud
電子決裁
[管理者向けサポートページ]
長期保管設定オプション
更新日 / 2022.03.22

回覧が完了した文書の自動保管有無を設定します。

※長期保管機能のご契約中は無期限でクラウド上にて文書の保管が可能となります。

操作手順

メニューバーより[長期保管]-[長期保管設定]をクリックします。

1長期保管設定

文書の自動保管を有効にする場合は「有効」、無効にする場合は「無効」を選択し、【更新ボタン】をクリックします。

[表示項目]

[文書の自動保管 ]
■有効
有効にした場合、回覧完了文書は自動で長期保管フォルダへコピー保存されます。
■無効
無効にした場合、利用者が「完了一覧」または「閲覧一覧」より文書の長期保管を行い、長期保管フォルダへコピー保存します。

[自動保管件数 ]
自動保管を行う際の、日ごとに長期保管される件数を設定します(1日最大500件)
※自動保管ではなく、手動で文書の長期保管を行う場合は件数の制限はございません。

[利用者側の削除ボタン]
[利用者側の削除ボタン]はデフォルトでは無効になっております。
電子帳簿保存法の規定を満たしていただくには、無効にする必要がございます。
■有効
利用者側の長期保管画面に【削除ボタン】を表示させます。
■無効
利用者側の長期保管画面の【削除ボタン】を非表示にします。
利用者から保管文書の物理的削除ができないようになります。

[利用者側タイムスタンプ再付与機能]
[利用者側タイムスタンプ再付与機能]は「タイムスタンプ署名」をオプション購入しているユーザーのみ有効です。
[利用者側タイムスタンプ再付与機能]はデフォルトでは無効になっております。
■有効
利用者側の長期保管画面に[タイムスタンプ自動更新]の【自動更新ONボタン】【自動更新OFFボタン】を表示させます。
■無効
利用者側の長期保管画面に[タイムスタンプ自動更新]の【自動更新ONボタン】【自動更新OFFボタン】を非表示にします。